共働き夫夫のルーティーン。(僕たちの場合)

共働き夫夫のルーティーン。(僕たちの場合)

8月23日

 

イギリスに来て1年ちょっと、僕もフルタイムで働き始めて4ヶ月が経ちました。

 

 

引越し、結婚、そして海外で仕事と、”新しい”ことが盛りだくさんだったこの1年。

 

 

今のこの生活にもようやくやっと慣れてきたかなってところ。

 

 

僕が働き始めるまでは「僕が家事・ミッキーが仕事」っていう役割分担が何となくありましたが、お互い仕事をしている今のような環境ではそうもいきません。

 

 

夫婦(夫夫・婦婦)の生活にも色々な形があって、それぞれで上手くバランスを取っているかと思いますが、今日は僕たちの普段の生活の流れについてちょっとだけお話をします。

 


 

まず、前提としてミッキーは家から職場まで歩いて10分かかりません。笑

 

 

よって普段は僕が1時間くらい早起き。

 

 

ミッキーを起こさないようにしながら(結局いつも起こすけどw)朝の身支度を終えて、まだベッドにいるミッキーを後に僕が先に家を出ます。

 

 

僕たちが住んでいるのはロンドン郊外のベッドタウン。

 

 

電車はいつも混んでいて座れませんが、大学時代に毎朝小田急線で通学していた僕にとってはこんなのまだマシ。笑

 

 

電車と地下鉄を乗り継いで約1時間かけてロンドン中心部にある職場まで行きます。

 

 

ロンドンと東京で違うなーって思うのは、ロンドンの地下鉄はドア付近はすごいギュウギュウ詰めなのに、中の方は空いていてまだ余裕なスペースがあることが多いこと。

 

 

まあ一言で言えば電車の乗り方が下手くそなんですが笑、それでも待っている人は無理やり押し乗ろうとせず、乗れない時は乗れない!とスパッと諦めて次の電車を待ちます。

 

東京だと駅員さんが押すのを手伝うくらいですからね、それが観光対象となっちゃうくらいですし。汗

 

 

仕事が終わるとまた同じ地下鉄と電車に乗って家に帰ります。

 

 

今度は逆に家が近いミッキーが先に帰っているので、僕が帰る頃には掃除機をかけてくれていたり、それか既にご飯を作り始めてくれていたり。

 

 

彼がご飯を作っていたら僕が掃除機や洗濯、彼が掃除機や洗濯をしてくれていたら僕がご飯を作ったりと、そこはなんか気分で役割分担。

 

 

人によっては曜日ごとで家事の役割分担を決めていたり、どっちかがご飯作って一方が他のことをやる、って完全に分けている方もいると思いますが、僕たちの場合は適当です。

 

 

随分前、僕がまだ働き始める前に「仕事してないんだからせめて家事は全部やってあげなきゃ」と、彼に申し訳なく思って慣れない家事を一生懸命に頑張ってた時があるのですが、その時に

 

「主夫だからって全部やらなくていい。できる方がやれる事をやればいいんだよ。やれない時はやらなくていい。」

 

と言われたことがあります。

 

 

その時は「いやいや、でも…」と思っていましたが、その一言のおかげで段々と「あ、これはちょっと辛いな、やらなくていいかな」って思う自分を許せるようになったと思います。

 

 

まあ、そのせいで今ちょっと掃除がおろそかになったりしていることはありますけどね ^^;

 

 

でも無理をしなくていいんだって教えてもらった気がします。

 

 

なので、今は役割分担はせずに、できる方がやれる時にやろうスタイルで家事をしています。

 

 

晩御飯の後は、疲れていなければミッキーは洗濯物を畳んだり次の日のランチを作ってくれるので、僕はくつろぎモード。

 

 

ちなみにページ上部の写真は今日、明日のお昼ご飯を作ってくれている最中に「写真撮るからこっち向いて」と無理矢理お願いしたところ、「そっち向いたらラップできないでしょ、ほら」と言われた場面。笑

 

 

何だかんだ撮らせてくれてありがとう。笑

 

 

 

逆に朝に弱いミッキーに代わって、僕は週末の朝に早起きしてトイレ掃除やバスルームを綺麗にしたりします。

 

 

今のところ上手くバランスが取れてるかなー。

 

 

ってことで今日は誰も興味ないような僕たちのルーティーンについてでしたw

 

 

皆さんの家はどのようにされてるのでしょうか?

 


↓↓↓Twitter、Facebookなどでシェアして頂けると嬉しいです!↓↓↓

 

コメントは下のコメント欄またはSNSよりお願いします。